ハンドメイドで複業

スマホ&LINEで完結!『lit.link』で複数のリンクをまとめよう

今回は「LINEで作れる!lit.linkで情報をまとめよう」について解説します。

lit.link、ご存知でしょうか?

複数のリンクを一覧でまとめられるサービスとなります。

Instagramではリンクが1つしか貼れない。そのデメリットをカバー出来る便利ツールとなります。

こんな人にオススメ!
  • パソコンを持っていないけれどリンクをまとめたサイトが欲しい
  • パソコンが苦手でホームページが作れない
  • 簡単にリンク先をまとめるツールを知りたい
  • Instagramからもっと複数のリンクをさせたい

今回はアカウント登録から完成までをまとめています。

ぜひお役立てください。

lit.linkって何?

lit.link(リットリンク)とは“スマホだけで編集できる、完全無料のSNSリンクまとめ“です。

参考▶︎lit.link(リットリンク)公式サイト

lit.link(リットリンク)の特徴
  • LINEだけで完結出来る
  • 情報を一元化できる
  • テンプレで好きなデザインを選べる
  • 豊富なリンクの種類
  • 好きな画像を設定できる
  • 操作が感覚的で簡単

LINEだけで完結出来る

LINEアカウントがあれば一瞬で登録が可能です。

LINEの画面から編集もできるのでパソコン要らず

情報を一元化できる

どの情報なのか“が一目で分かります。

アイコン、ボタン、テキストなど使い分けることで一目でどんな情報かが分かります。

テンプレで好きなデザインを選べる

唯一デザインで選ぶのは“背景“のみ。

背景も自分の好きな画像を選べます。

無地も設定可能。

無地は「グラデーションあり」「グラデーションなし」から選べます。

豊富なリンクの種類

とにかくアイコンが豊富なのでよっぽど事足りるかと思います。

アイコンがない場合は「Phonto」や「Canva」などで作って設定することも可能です。

好きな画像を設定できる

画像も好きなものを使用できます。

画像にリンクをつけることも可能です。

操作が感覚的で簡単

操作はとても簡単です。そして感覚的

初めのうちはとにかく触ってみましょう。

間違えたらゴミ箱ボタンを使って消せばいいだけ。

どんどん触って自分の好みを見つけていきましょう。

特徴が分かったところで実際にページを作ってみます♪

アカウント登録から完成まで

じょびくん

まずはアカウントを作成していこう!LINEでも出来るよ。

1.アカウントの登録

アカウントの作成はとっても簡単!

LINEアカウントがあればすぐ登録できます。

早速追加して作成してみましょう。

lit.link公式サイト

まずはクリエイター名を追加。作家名を入れておくと分かりやすいですね。

じょびくん

アドレスは 『https://lit.link○○』 という表記になるよ。

2.編集してみよう

LINEページを開くと一番下に編集ページがあります。

編集するには上のボタンのようなものを押します。

背景の選択

初めに背景を決めます。

テンプレに入っているものでもいいし、自分でデザインを作ったり色を選択することができます。

わたしは無地が好きなので、グラデーションなしの緑に決めました。

リンクや情報を貼り付けていく

このツールはリンクをひとまとめに出来るもの。

早速自分が今使っているSNSをまとめていきましょう。

リンクを追加するときは右上の編集マークを押します。

  • ボタン
  • テキストリンク
  • ピクチャリンク
  • YouTubeリンク

からイメージに合うものを選択します。

ボタン

アイコン的な表示ができます。

一列ごとに1つのリンクとなります。

とても見やすいのですが、数が多いと見るのが大変。

テキストリンク

説明文を入れることが出来ます。

最新情報や自己紹介、各種案内を文章で表示できます。

何気にこれはいい機能な気がしております。

ピクチャリンク

ピクチャリンクは3パターンの使い方があります。

①画像を入れる

URLを入れなければ画像のままで表示されます。

URLを入れるとリンクも可能です。

②3ピクチャリンク

大きめのアイコンを表示させます。存在感抜群。

③4ピクチャ

下に「Instagram」などの文字も表示可能です。

シンプルですっきりする印象。

アイコンはありがたいほどたくさん存在します。

各種SNSはもちろんのこと電話番号メールアドレスまでアイコンが揃っているのはありがたいですね。

Creemaはなぜかなかったので、わたしは手作りしました。

実際に情報をまとめたものを作ってみました

実際にリットリンクで情報をまとめてみました。

こちらのボタンから実際のサイトにリンク出来ます。

ぱんのおみみリットリンク

飛んでいただけたでしょうか?

画像サイズを合わせて、そこにリンクを貼り付けてボタンぽくしています。

直感的に「コレ!」とわかる圧の強さを意識しましたw

ちなみに画面下に出てくるのはそれぞれのジャンルになります。

例えば

  • Instagramは仕事中心の投稿
  • Twitterはブログ中心の投稿
  • YouTubeはパン屋の話

みたいにそれぞれ役割を変えたり出来ます。

記載しておくと読み手が「パン買いたいからInstagramをみようかな」と思いますよね。

表示させないようにするならこのチェックを外せば大丈夫。

とにかく感覚的にとても簡単。

どんどん触って試して自分の理想に近づけていきましょう♪

今回のまとめ

今回は「lit.link」を使ったサイト作りを解説しました。

lit.link(リットリンク)の特徴
  • LINEだけで完結出来る
  • 情報を一元化できる
  • テンプレで好きなデザインを選べる
  • 豊富なリンクの種類
  • 好きな画像を設定できる
  • 操作が感覚的で簡単

触ってみた印象は「簡単!シンプル!

とにかく感覚的

触ってイメージと違えばすぐに修正できる。

ホームページなどでは一つ崩すと全てを微調整しないといけませんが、「lit.link」はそれもほとんど必要ないくらい簡単に操作できます。

LINEで作る場合は下にスワイプするとLINEの画面に戻ってしまうのがショックですがw、それは気をつけることにしましょう。

アドレスで登録すれば複数サイトを作れます

リンクをまとめられるサービスとして他には

linktree (リンクツリー)英語のサイトなので少々怯みそう笑”

無料版と有料版があります。カスタマイズの面で考えても無料で使えるlit.linkのが使いやすそうですね。

HTML名刺はとてもシンプルな見た目。女性には少々さっぱりすぎるかもしれません。

Twitterアカウントが必要とのことなのでlit.linkのが使いやすそう。

ちなみにわたしはホームページに「AmebaOwnd」を利用しています。

こちらはパソコンでの作業がメインになりますが、独自ドメインを利用できたりするのでより“ホームページらしさ“が出ます。

リットリンクのリンク先のサイト(情報をまとめておく場所)として使っています。

しかも無料である程度のことが可能です。

そちらについてはまた改めて解説しますね。

リンクをまとめたサイトというのはアメブロやnoteともまた位置付けが異なります。

  • ブログをやりたい訳じゃないけれどリンクをまとめたい
  • パソコンがないから諦めていた

という方はぜひ情報の一元化に「lit.link」を使ってみてはいかがでしょうか?

lit.link(リットリンク)公式サイト